インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス


<<会社URL:https://www.fleur-de-lys.jp/select_dress/>>

Trend Info

インポートウェディングドレスをレンタルするならフルールドリス。プロノビアス、ジャスティンアレクサンダー他有名ブランドのウェディングドレスをリーズナブルな価格でレンタル・販売を行っております。タキシードもレンタルしております。ヘッドドレスなどおしゃれなウェディングアクセサリーもご用意しました。お気軽にお問い合わせくださいませ。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プロノビアスのドレスは、世界各国の女性から愛されており長年の歴史がある、信頼できるウェディングドレスブランドとなっています。デザインと品質の良さの両方を重視していることから、見た目にも美しく着心地も良いとし、日本でも多くの女性が支持しています。フリールドリスではプロノビアスのウェディングドレスも取り扱っており、購入はもちろんレンタルで借りるということもできるので、予算に合わせやすくなっていてドレスの種類やアクセサリーも豊富にあるので、好みに合うドレスを見つけることができるようになっているのも良い点です。カウンセリングルームで、ゆっくり落ち着いて相談することができ、予算や希望に合っているプランやドレスの提案もしてもらえたりと、アドバイスも充実しているので安心です。フリールドリスでは数多くのウェディングドレスを扱っていることから、どのドレスが良いか悩むという人が大半ですが、試着も好きなだけ行ってから決めることができるのも特徴となっています。試着の際には、無料でヘアセットも簡単にしてもらうことができるので、より結婚式本番のイメージに近づけた状態にしてからドレスを選んでいくことができます。ウェディングドレスだけではなく、タキシードやレンタルもあり新郎新婦の衣装をまとめて揃えることができ、一石二鳥です。フルールドリスはプロノビアス正規販売代理店であり、現在生産されているものならば全て取り寄せることができるようになっているので、まずは問い合わせてみるべきです。ウェディングドレスは購入はもちろんレンタルでも、ある程度まとまった費用が必要になるというイメージがあり、なかなか一歩が踏み出せないという人も多いですが、フリールドリスではプロノビアスのドレスを始めとしコストパフォーマンスに優れているので、より気軽にドレスを選ぶことができ、プロによる的確なアドバイスもあるのでより安心して選んでいくことができます。
Tagged on: , インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス