オードビー


Trend Info

度付サングラスを日本で初めて作ったサングラスプロショップのオードビーです。個人の顔の形状に合わせた調整をし、抜群の掛け心地を実現致します。ご利用用途に合わせてアドバイスも行っております。

サングラスの関連情報

サングラス(英語: sunglasses)とは、日差しや強い照明から眼を守るために着用する保護眼鏡のこと。眩しさや紫外線などを低減するために着用する。白人は、日光から健康被害を受けやすいため、瞳を日光から守るという健康上の理由でよく使う。オゾンホールの影響で紫外線が強いオーストラリアやニュージーランドなどでは、児童がかける事も珍しくない。目元が隠れるという付随効果もあり、19世紀末の書籍によれば、盲人が視力を失っただけでなく見た目にも見苦しくなった目を隠すためにサングラスを着用することは当時から一般的であった。 黒眼鏡、色眼鏡やグラサンなどとも言う。黒眼鏡の語は、年配の世代で用いられることが多い。なお、色眼鏡は、「予断」「偏見」「先入観」の比喩として用いられることもある。 なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象とされており、雑貨工業品品質表示規程に定めがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

スポーツで使用する度付きサングラスは、レンズの厚み、レンズのカラー、レンズの素材、そのスポーツに適したフレームといった感じで、組み合わせも多種多様になります。 普通のサングラスですと、1万円から2万円程度で買えるものもあるのですが、度付きサングラスともなると、レンズの素材を通常のプラスチック素材から割れないNXT素材に変えただけで、見積もり額が倍になります。 そして、レンズのカラーも透明・・カラー・調光・偏光とありますが、順に見積もり額が上がっていきます。 さらに、遠近両用にするのかでも変わってきます。 このように度付きサングラスを作る際には、スポーツによってレンズの選び方が異なってきます。 そこで、度付きサングラスを見積もった場合ですが、概算になりますが、大体3万円から7万円の範囲で作ることができます。
Tagged on: , オードビー