浪貝畳店


<<会社URL:http://namigaitatamiten.com/price/>>

Trend Info

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

世田谷区で畳の素材で作られた小物が欲しいと思っている方に、浪貝畳店を紹介いたします。浪貝畳店は東京都世田谷区にある創業70年の老舗の畳店であり、畳の製造と畳張替えを主な事業としていますが、畳の素材で作られた小物も販売しています。畳の素材として使われる藺草(いぐさ)で、形、大きさなどを出来る限りお客様のご要望に合わせた小物を作りご提供いたしております。作られた小物は藺草のほのかな香りを漂わせ、お部屋のアクセントとしても大変好評をいただいております。 ホームページにはお問い合わせフォームもあり、電話やメールでお問い合わせすることも可能なので、少しでも興味を持った方がいましたらお気軽にご相談ください。
Tagged on: , 浪貝畳店